虫歯と口臭って関係があるの?

虫歯と口臭って関係があるの?

口臭にも色々な原因がありますが、虫歯になったからといって必ずしも口腔内や息が臭くなるわけではありません。

特に歯の色が多少くすむくらいの初期症状の場合には、ニオイにもほとんど影響は出ないのです。

歯が欠けたり穴が開くと口臭の原因になってくる

しかし、歯の一部が欠けたり穴が開くほどまでに悪化をしてしまうと、また話が変わってきます。毎回の食事の際にその隙間や穴に食べカスが詰まり、それが腐ることで口臭がするようになるのです。

歯の表面や歯と歯の隙間に入った食べカスとは違い、穴に入ってしまった食べカスは歯磨きで取ることは極めて困難と言えます。そのようなものが何日間も歯の中に留まるわけですから、何のニオイもしないはずがありません。

このときのニオイは乳製品や生ものが腐ったようなものと例えられることが多く、いかに人の嗅覚にとって不快なニオイであるかが分かります。

加えてそうした口腔内の環境が続いていけば、歯周病などを併発することがあります。歯周病になるとそれも口臭の原因になるため、虫歯との関連性はここでも認められるでしょう。

直接的にというよりは、間接的に徐々にニオイの原因になっていくというわけです。こちらではタマネギが傷んだようなニオイや、少し酸味のある酸っぱいニオイがする特徴があります。

そして虫歯がとことん悪化して神経が死んでしまうと、歯根膜炎と呼ばれる状態になり食べカスよりも強烈なニオイが発生します。質としては腐敗臭に近く、完全に自分で自覚できるほどのニオイになるのです。

当然対人関係にも影響は出ますし、ブレスケア用品や洗口液などでもどうしようもないところまで来てしまっています。一刻も早い歯科医院への受診が求められることでしょう。

歯の状態が悪化すればするほど口臭はキツくなっていく

以上のように虫歯と口臭の関連性は、歯の状態が悪くなればなるほど強くなっていくと覚えておいてください。もちろんちょっとした歯垢や歯石から臭うこともあるので、普段からしっかりとプラークコントロールなどをしておくのが一番の予防策です。

もしも歯が欠けたり穴が開いてしまったときには、すぐに治療をしてもらいましょう。

口臭はなかなか自分では確認できないものですが、コップに息を吐いて嗅いでみたり唾液を拭き取って嗅いでみることで、大体のニオイの質を把握することは可能です。

その上で、前述の乳製品や生ものが腐ったようなニオイや、独特の腐敗臭がするようであれば、虫歯による影響を疑ってみましょう。そこには間違いなく関連性があると言えます。