市販の歯のホワイトニンググッズにはどんなものがある?

市販の歯のホワイトニンググッズ

歯を白くするためのホワイトニンググッズですが、市販で販売されている医薬部外品の商品があります。

商品の種類としても様々なものがありますが、主な商品としては、歯磨き粉、液体のタイプなどが挙げられます。

主流は歯磨き粉タイプのホワイトニンググッズ

歯磨き粉タイプですと、普段の歯磨きをする際に手軽に使えるものとなるので、それほど手間を感じないというメリットがあります。

歯磨き粉タイプの効果としては、一般的な歯磨き粉では落ちにくい汚れであるステインを除去する成分が配合されていることが多いです。

ステイン汚れとしては、ヤニ、赤ワイン、コーヒーなどがあります。研磨剤が含まれている歯磨き粉もあり、こちらは歯の表面を磨いてステイン汚れを落とすことになります。

研磨剤が含まれている場合は、歯の表面を削ってしまうため、こちらの商品で毎日歯を磨くことはおすすめとされていません。

歯の表面が傷つくことによって、汚れが付きやすくなったり、歯が削れ過ぎて知覚過敏になってしまう可能性もあります。

これらのデメリットを把握したうえで、歯磨き粉タイプの商品は上手に使って行くことが重要となります。

液体タイプのホワイトニンググッズもある

液体タイプとしては、液体を口に含み、ゆすぐことで歯の汚れを落とすというものになります。

液体タイプのほとんどの商品は歯の汚れを落とすと共に、口臭予防の効果がプラスされていることが多く、口臭も一緒に予防したいという方におすすめとなります。

液体タイプの商品は比較的安価で購入することができます。

歯磨き粉タイプ、液体タイプ以外のホワイトニンググッズとしては、シールタイプの商品もあります。

珍しいアイテムとして、シールタイプのホワイト二ンググッズも

シールタイプの商品は個人輸入することで入手することができます。

シールタイプの商品はホワイトニングテープとも呼ばれており、こちらは自分の歯にシールを貼り付けるだけで歯を白くすることができます。

シールには過酸化水素が配合されており、過酸化水素の作用によって歯が漂白されます。効果が高く、実際に使った方の評価は高いため、特におすすめの商品となります。

シールタイプの他にも、ペン型の商品もあり、こちらにも過酸化水素が使われていることがあります。

ただ、過酸化水素が使われている場合は市販されておらず、市販されているものは亜鉛酸素などの洗浄剤が含まれている商品となります。

ペン型の商品としては、液体を歯に塗っていき、漂白をして歯を白くしていきます。ペン型タイプの商品には液体を塗った後に放置する時間があるので、放置時間の少ない商品がおすすめとなります。